ナイトブラの効果|良いところ・悪いところ!-人気の高いナイトブラの効果や口コミ…良いとこ・悪いところ!

ナイトブラの具体的な特徴や効果

寝ているだけで美バストを実現…ナイトブラの効果は?

ナイトブラの良いところ・悪いところについてお伝えします。

ナイトブラの効果…良いところ

女性にとって、永遠のテーマである“スタイル”。

その中でも特に、バストサイズを気にしている人は多いでしょう。

そこで、バストアップやスタイルアップ効果が見込める、夜に着けるためのブラ…『ナイトブラ』について、具体的な特徴と効果を説明していきます。


ナイトブラとは、名前の通り夜の就寝時に着用するブラジャーのこと。

寝ているときは、仰向けでも横向きでも、常にバストに重力がかかり、それがバストの型崩れの原因となってしまいます。

ナイトブラは就寝時にバストにかかる重力などのことを踏まえて設計されていて、寝ててもバストの形をベストな状態でキープしてくれるんです。

では、昼用のブラジャーとは何が違うのでしょうか。


昼用ブラジャーは立っている状態の姿勢を前提に設計されています。

つまり、歩くなどの動作から生じる縦揺れや横揺れからバストを守っているんです。

また、上からかかる重力に対し、しっかりとその重みを支えられるようアンダー部分にワイヤーが入っているものが一般的。

しかし、寝るときにワイヤー入りのブラジャーを着用すると、圧迫感を感じ気持ち良く寝られない可能性があるだけでなく、寝かたによってはバストをつぶしてしまい、逆に形を悪くしてしまうこともあります。


一方でナイトブラは、寝ている間に立っているときと違う重力へのかかりかたによってバストの脂肪が横へ流れてしまうことを防いでくれる作りになっています。

そのため昼用ブラジャーと比べると、生地もより伸縮性に優れ、ワイヤーを使わないものがほとんどなので着用による締め付け感にを感じさせません。

寝ているときの姿勢を前提に作られたナイトブラだからこそ、就寝時にバストを適切にケアしてくれるんですね。


また、ナイトブラにはバストの形を矯正してくれる効果があります。

バストは90%以上が脂肪で構成されてており、その脂肪は形状記憶の性質を持っているため、キレイな形を維持することで、そのフォルムはだんだん定着していきます。

要するに、背中や脇などから脂肪を流してバストに集めて適切にキープできれば、サイズアップも見込めるんです!

これが、ブラジャーは“サイズ選びが重要”と言われている理由。

昼は昼用ブラジャー、夜はナイトブラを利用することで、24時間持続的にその効果が得られるようになります。

エクササイズをしたりとか時間をかける必要もなく、つけて寝るだけでバストアップにつながるとしたら、女性にとってこんなに嬉しいことはないですよね。

それに、サプリメントのように体内に取り入れるものではないので、副作用など安全面の不安もありません。


その他にも、ナイトブラには女性の天敵である『冷え』を予防する効果も。

“体を温めれば血行が良くなる”という話はよく聞きますが、それはお腹や足先だけではなく、バストにも言えることです。

バストにもたくさんの血管が通っており、自律神経や女性ホルモンのバランスに大きな影響を与えています。

この血管を圧迫したり冷やしたりして血流を滞らせてしまうと、バストの成長に必要なホルモンや栄養素をうまく運べなくなってしまいます。

そのため、寝ている間の知らないうちにバストが冷えないよう、ブラジャーで保護しておくことが大事なのです。

ナイトブラの効果…悪いところ

寝ている間にバストケアができる、嬉しいことばかりナイトブラ。

その悪いところにはどんなものがあるでしょうか。


まずひとつめは、サイズ展開が少ないという点です。

昼用ブラジャーであれば、トップとアンダーごとにカップサイズが細かく用意されていますし、目的やシーン・体型などに合わせて、バリエーションも豊富に揃えられています。

しかしナイトブラは、基本的にS・M・Lサイズなどざっくりサイズの展開になっているんです。

そのため、人によってはどのサイズもイマイチしっくりこなくて、なかなか理想のナイトブラに出会えないケースも。

小さすぎるサイズは、胸を圧迫してしまい血流を妨げたり安眠を妨げたりします。

逆に大きすぎるサイズでは、本来ナイトブラの目的であるサポートや矯正効果が半減してしまいます。

試着室では「これがいい!」と思って購入したものであっても、実際に寝て使ってみたらなんか違う…といった失敗が起こることも。

試着室だと実際に横になれないので、この点が難しいポイントですよね。


ふたつめは、サイズ展開がざっくりしていつことに加え、デザインのラインナップが少ないことも、おしゃれ好きな女性のとっては寂しいポイントかもしれません。

このような“選ぶ楽しみ”の面から見ると、まだまだ昼用ブラジャーには劣ります。

好みのカラーや柄・テイストがなかったり、ショーツとセットアップになったブラが好み、などこだわりがある人にとっては、少し物足りなさを感じてしまうでしょう。

しかし、最近ではいろいろなメーカーがナイトブラに力を入れているので、これからは昼用ブラジャー同様に種類の充実が期待できます。


3つめは、ナイトブラの欠点と言えるかはわかりませんが、今まで就寝時はノーブラ派だった人にとって、最初のうちは寝るときにブラジャーをつけることに少し違和感を感じてしまうかも。

ナイトブラは寝るときのために作られているので、睡眠を妨げることがないよう、着心地も重視して設計されています。

なので、締め付け感や窮屈さを感じることはほとんどありませんが、それでも慣れるまで時間がかかる人もいます。

まずは1枚だけ試しに使ってみて使用感を実感した上で問題なさそうであれば、洗い替え用に数枚ほど用意しておくと、寝ている間のバストケアもルーチンにできますね。


また、ナイトブラの着用は、夏場だと暑くて寝苦しいと感じる人がいるかもしれません。

肌にぴったりフィットしている分、寝汗をかいて不快に感じたり、肌が弱い人は汗で蒸れて肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も。

ナイトブラは機能性重視で作られているものが多いため、季節によって通気性の良いものや涼感素材のものを選んで使い分けられるとベターです。


そして、寝るとき用に設計されたナイトブラは、当たり前ですが日中の活動時間帯での着用には向いていません。

ワイヤーがないものが多く、【起き上がったときの姿勢】と【横になったとき姿勢】や、日中の激しい動きからバストを支えきれません。

そのため毎朝、ブラジャーを夜用から昼用に付け替えるという工程が発生します。

しかし、忙しい朝にほんの数秒とはいえ、ひとつ手間が増えてしまうのは意外と煩わしいものですよね。

寒い冬の時期は、朝に裸になるのがつらい…といった声もあります。

体を冷やさないよう、部屋をあたたかくした状態で着替えるなどの工夫が必要です。

まとめ

ナイトブラは、継続的に使い続けていくことで、その効果が徐々に得られるものです。

そのためには、まずナイトブラの着用を毎日の習慣にするのが大事。

すぐに見た目に変化が現れるものではありませんが、“着けて寝るだけ”という手軽さは、忙しい人にとってはすごく魅力的ですよね。

バストアップエクササイズは時間と労力がかかりますし、サプリメントは副作用の心配もありますもんね。

なので、簡単に始められて手間もほとんどかからない、最高にラクチンなバストケア方法のと言ってもいいでしょう。

それで理想的なバストが手に入れられたり、サイズアップにつながるなら、こんなに嬉しいことはないですよね!


もともと自分のバストに悩みを抱えている人はもちろん、今は別に気にならないと思っている人も、あとあとで焦らないために、まずは試してみてはいかがでしょうか。

これから先ずっと付き合っていく自分のバストだからこそ、美しい状態をキープしたいものです。

ナイトブラの効果や、良いところ・悪いところをしっかりと把握し、ぜひ自分に合ったナイトブラを探し、キレイなバストを手に入れましょう!

【バストアップ関連】動画のご紹介

【バストアップの神様まとめ1 前島式肩甲骨バストアップ】


【バストアップの神様まとめ2 前島式肩甲骨バストアップ】


【バストアップの神様まとめ3 前島式肩甲骨バストアップ】

■おすすめコンテンツ■
ナイトブラの人気おすすめランキング…TOP10

■LINK■